地酒のDON ウェブショップ
 完全発酵の純米酒を燗で呑む文化、「純米燗」の魅力を余すことなく紹介します。
未成年者の飲酒は法律で禁じられています。二十歳以上の年齢であることを確認できない場合、当ホームページで酒類を販売いたしません。
〒679-5523 兵庫県佐用郡佐用町上月1030-4 ℡0790-86-1235 fax0790-86-1236  営業時間:8時~19時 定休日:火曜日
 HOME  店舗紹介  ご注文方法  特定商取引法に関する表示  お問い合わせ  店長ブログ
  

 冷蔵配送希望の場合、かごに入れてください。

 クール配送 350円
  

本物の純米酒教えます。純米酒のDON
間違いだらけの日本酒選びを純米燗伝道師の店長がぶった斬る

料飲店様への提言は赤松酒店
時代は本物を求めている。
本物の純米酒の呑ませ方とは?
(お客様に純米酒を呑んでいただく動機づけ)


純米酒のDONブログ
 純米酒の疑問を解決!
     ブログ「純米酒と戯れる」

純米酒のDON Yahoo店

純米酒のDON楽天市場店
注意:楽天市場店は、楽天のシステム利用料の都合上、商品の価格設定を変えていますので、お気をつけください。


買物カゴの中の確認はこちら ↓
    
       
新着情報
諏訪泉(鳥取・諏訪)
秋鹿(大阪・秋鹿酒造)
奥播磨(兵庫・下村酒造)
竹泉(兵庫・田治米)
蛍星(兵庫・壺坂酒造) 
日置桜(鳥取・山根酒造場) 
  武蔵の里(岡山・田中酒造)
梅津のきもと(鳥取・梅津酒造 
山陰東郷(鳥取・福羅酒造) 
辨天娘(鳥取・太田酒造場) 
玉櫻(島根・玉櫻酒造) 
天穏(島根・板倉酒造)  
睡龍(奈良・久保本家酒造) 
龍勢(広島・藤井酒造) 
るみ子の酒(三重・森喜酒造) 
 十旭日(島根・旭日酒造)
龍力(兵庫・本田商店) 
神亀(埼玉・神亀酒造) 
 ひまわり油(兵庫・佐用産) 
純米酒セレクションギフト 
究極の夏酒特集 
きもと・山廃仕込み特集 
古酒(長期熟成酒)特集 
純米にごり酒の特集 
コスパ抜群の純米酒特集 
 
純米酒 ギフト


当店ニュースレター
 
「よーいDON瓦版」
    のバックナンバー

瓦版18号.pdf へのリンク
瓦版17号.pdf へのリンク
瓦版16号.pdf へのリンク
瓦版14号.pdf へのリンク
瓦版13号.pdf へのリンク
瓦版12号.pdf へのリンク
瓦版11号.pdf へのリンク
瓦版10号.pdf へのリンク

「カード払い」もご利用いただけます。
(運送方法でヤマト運輸を選択していただいた時のみのサービスです。ゆうパックと佐川急便は、銀行振込と商品代引きのみの扱いです。)
  クロネコ webコレクト
カート内で運送方法で「ヤマト運輸」を選択していただき、お支払方法でクロネコwebコレクトを選択してください
①クレジットカード決済
②コンビニ決済
③電子マネー決済
④ネットバンク払い

など多様なお支払方法をご利用いただけます。



「楽天かんたん決済」
楽天銀行口座から振込希望
のお客様は下記をクリックしていただくと楽天銀行振込画面にジャンプします。同行間取引ですので振込手数料無料、24時間、365日引き落とし可能、当方口座番号入力不要です。
(土・日・祝祭日でも当方で振込確認可能。)
クリック↓
楽天かんたん決済

ギフトラッピング地酒のDON

 スマホサイトはこちら

 店舗紹介  アクセス  マスコットキャラのご紹介


    店舗紹介



 純米燗を愛する人へ
 旨い酒を提供します!
 純米燗の伝道師
   地酒のDON
   (赤松酒店)

 〒679-5523
 兵庫県佐用郡佐用町上月1030-4

 ℡0790-86-1235
 fax0790-86-1236
 
 営業時間 8:00~19:00
 定休日 火曜日



 ☜ 店主 赤松儀和

    細君 赤松容子

 夫婦二人で営んでいる酒屋です。
 完全発酵の旨い純米酒をご案内しますので、 お気軽にお声をかけてください。


   店主の独りよがりな主張

 醪(もろみ)に醸造用アルコールなど添加して、途中で酵母の発酵を止めるような弱い日本酒は要らない。
完全発酵の強い純米酒は、燗にしても、割り水しても、へこたれない。
燗にして呑めない日本酒は、日本酒にあらず。
キンキンに冷やして呑んで、日本酒の何がわかるの?
完全発酵の純米酒のポテンシャルを余すことなく紹介します。
おまかせください! (^_^)v



ページトップへ

    アクセス



●姫新線上月駅より徒歩3分
●中国縦貫道佐用インターより車で10分
●中国縦貫道作東インターより車で10分

ページトップへ





 当店マスコットキャラのご紹介

 早瀬土人形の金太郎


 当店の所在地である佐用町の上上月(かみこうづき)自治会の隣に早瀬(はやせ)自治会がある。
この早瀬の地で明治中期から30年間ほど当地の瓦職人によって早瀬土人形が造られていた。
京都の伏見人形製作の技法を学び造られたそうだ。
製作された金太郎や鎧武者などの土人形を節句などの時に飾ったり祀ったりしていたそうだが、いまはこの土人形を造る瓦職人さんは現存しない。この早瀬土人形を造っていた子孫の方は、現在大工さんであり、実は私達の店舗と住まいを建てていただいたのであった。
 ところが私の保育所時代からの同級生である佐用高校の美術の先生(早瀬在住)が、この「早瀬土人形」を復活させたのだ。
その作品がこの金太郎だ。
これは10年ほど前に、当店の開店お祝いとして戴いたものだ。
 「金太郎」は源頼光の四天王のひとり、剛勇の武者として知られた坂田金時の幼名で、幼少期に熊と相撲をとったりしながら元気に育ったという。
その怪力ぶりから元気な子供の象徴として語り継がれ、鎧武者とともに金太郎像もこどもが健やかに元気に育つように祀られることが多い
 この金太郎像だが、その力自慢を鼓舞するための色々な表現方法がある。
米俵や釣り鐘を抱えあげたり、熊を抑え込んだり・・・
上の画像の金太郎はしっかり根を張った松を引っこ抜く、そんな姿で怪力ぶりが表現されている。


 同じくこれも、開店祝いで同氏から戴いた「金太郎看板」なのだ。
「松の根っこ」を「酒の一升瓶」に持ち替えているのがご愛嬌!(笑)
「健やかに健全に酒屋として成長せよ」という願いを込めてくれたのであろう(感謝)
 そんな訳で、当店にも色々御縁がある早瀬土人形の金太郎を当店のマスコットキャラにしているのであった。

だからFacebookホームページの写真も金太郎なのだ。

なるほど・・・と思われたかたは下記のFacebookホームページの

「地酒のDON(赤松酒店)」に「いいね」をお願いします。(笑)

地酒のDON(赤松酒店) Facebookホームページ




ページトップへ
 
  【Copyright(C)2007 petitshop DON,Inc. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】